理化学研究所でMRI実験に参加される方へ


<MRIについて>

FMラジオに使われているような“電波”と大きな磁石を使って、脳の形や機能に関する画像を撮影する検査です。検査中、痛みなどはなく、放射線による被曝もありません。ただし、装置の中から、電車が走るガードの下にいる時のような、大きな音がします。また狭い場所で、動かずに1時間程度、じっとしているので、閉所恐怖症の方は受けることができません。

 

 

今回使用する装置は、病院でも使用されることの多い3テスラのMRI装置です(右写真、MRI支援ユニット撮影)。

 

 

実験では頭部を撮像し、脳の構造、安静時の脳の活動を調べます(下写真)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    正面からみた脳            横からみた脳

 

 

 

<参加条件>

 

以下の項目に当てはまる場合、こちらの実験には参加頂く事ができません。

 

・ コミュニケーションに支障がある方

・ 体温調節に問題がある方

・ 閉所恐怖症の経験がある方

・ 妊娠している方

・ ぴかぴかした光を見て気持ちが悪くなった経験がある方

・ てんかん発作の経験がある方

・ 心臓ペースメーカー、人工心臓弁を体内にもっている方

・ 溶接や鉱山作業など強磁性体が偶然体内に入る可能性のある職業や活動に従事した経験がある方

・ その他体内に金属を保有している方(歯の矯正ブリッヂ/差し歯(材質によります)/クリップ/

  その他体内に埋め込まれているもの/※日本国内の歯科で処置された歯の銀色の冠、詰め物は問題ございません。)

・ 刺青を入れている方

・ 実験当日の年齢が20歳に満たない方

 

 

以下の項目に当てはまる場合は実験にご参加いただけない場合がございます。お問い合わせください。

 

・ 片頭痛症状がある方

・ 手術歴のある方

・ 狭心症など心臓発作の経験、不整脈がある方

・ 義眼、脱着式義歯を使用されている方

・ 難聴、騒音に敏感な方

・ めまいを感じやすい方

・ 頭部外傷により医師の診断を受けた経験がある方

 

 

<実験にご参加いただくにあたっての諸注意>

 

*実験日前日

 MRI装置の中では眠くなりやすいです。実験の前日は睡眠をよくとってください。

 

*当日お持ちいただくもの

・ 謝金の振込先がわかるもの(通帳)

・ コンタクトレンズ関連(外して実験を行う場合のため。洗浄液、ケースなど)

 

*当日の服装

・ 通常上着を脱いだ状態で実験に参加いただきます。室温は約20度です。

・ 上半身衣類に金属製のボタン、ジッパー、金属色の模様がある場合は用意された実 験着に着替えていただきます。

・ 後ろにフードの付いた衣類の場合も着替えていただきます。

・ ワイヤーが入っている下着は外していただきます。

 ※着替えが最小限ですむような服装を心がけてください。

 

*当日のお化粧

当日のお化粧は控えめにお願い致します。場合によりお化粧を落としていただかなくてはならないこともございます。ご心配な場合は予めご相談ください。

 

*当日のお食事
・ 当日は、起床から実験終了まで、カフェインの摂取をお控えください。

 

*実験室での注意事項

・ 強力な磁場環境で計測を行うため、下記の物を身につけた状態でMRIで計測すると、火傷、装置のトラブルを引き起こす可能性があり危険です。十分に注意して準備してください。

 

(アクセサリ・化粧)

指輪、ネックレス、ピアス、ヘアピン、金属素材のネイルアート(ラメ入り等)、金属粉の入った化粧品類(ラメ入り等)、アートメイク

 

(衣類)

金色銀色などの金属色がついた衣類、金属ジッパーや金属ボタンのついた上半身衣類、ベルト

 

(所持品)
カイロ、ライター、小銭、鍵、カード類(磁気カード、ICカード)
電子機器類(腕時計、携帯電話、カメラ)

 

(体内に埋め込まれている物、装着されている物)
ピップエレキバン等の磁気健康器具、歯の強制ブリッジ、インプラント義歯、入れ歯、一部の差し歯(素材を確認させていただきます)、カラーコンタクトレンズ(ディファインレンズ含む)、子宮内避妊具、手術クリップ

 

取り外しが可能なものは、実験室入室前に、ロッカーに預けていただきます。

 

 

その他、ご不明点等ございましたら、実験スタッフまでお尋ねください。

 

 

 

 

科学技術振興機構/社会技術研究開発センター 安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築  領域公式HP http://ristex.jst.go.jp/pp/