RISTEX 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域 養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築 Research and Policy of Parental Support Systems to Prevent Child Maltreatment

 

グループB

子側のリスク要因と愛着障害に関わる

生物学的因子の解明

 

 

 

 

 

 

 

グループリーダー

友田 明美

 

所属:福井大学子どものこころの発達研究センター 教授

専門:小児発達学、小児精神神経学

子どものこころの発達研究センター発達支援研究室HP http://tomoda.me

 

 超少子社会を迎えるわが国において、一人でも多くの子どもたちの体とこころの健やかな成長を手助けし、子どもたちが健全な生活を送ることができる社会をつくることが早急に求められています。そのために、虐待の脳への影響について研究し、その成果を診療に活かすとともにわかりやすい形で社会にフィードバックする活動をしてきました。現在は、子ども達を救うためには養育者も救わなければならないという観点から、様々な専門家と協力して研究の幅を広げています。

 

 


藤澤 隆史

 

所属: 福井大学子どものこころの発達研究センター 特命講師

専門: 発達社会神経科学

 

 心理学の立場から、子どもの社会性の発達について研究しています。子どもの社会性の発達は、養育者によって大きく左右されますが、養育者自身の養育行動も子どもの社会性によって影響を受けるはずです。子どもと養育者の健全な関係性を育むためにはどのようにすれば良いのかについて、脳科学や心理学の立場からエビデンスを提供できるよう取り組んでいます。

 

 

 

島田 浩二

 

所属:福井大学子どものこころの発達研究センター 特命助教

専門:認知神経科学

 

 子どものこころの発達の仕組み、その発達を支える養育者のこころの適応の仕組みを脳科学的アプローチにより明らかにしようと研究を進めています。特に、磁気共鳴画像法(MRI)を用いた脳画像研究を軸にして、発達・養育に関わる心的現象をテーマとする人文・社会科学や臨床医学などの諸分野との連携を図り、養育者支援の統合的理解を目指す学際的研究の推進に貢献できるよう取り組んでいきます。

 

 

 

滝口 慎一郎

 

所属:福井大学医学部附属病院子どものこころ診療部 特命助教

専門:小児神経学、小児発達学

 

小児科医として子どもの発達に関する診療と研究をしています。幼少期の養育環境や被虐待経験、ストレスが子どものこころと脳の発達に与える影響について脳機能イメージングの視点から明らかにしたいと考えています。

すべての子どもが自己肯定感を持って個性と能力を十分に発揮し、豊かな社会生活を送るために、子どもと養育者に必要な支援のあり方を模索中です。

 

 

 

 

 

高田 紗英子

 

所属:福井大学子どものこころの発達研究センター 学術研究員

専門:臨床心理学

 

 虐待などの逆境的な体験をした子どもにとっての効果的なケアのあり方、そして、そういった子どもたちを支える養育者の共感性と養育ストレスの関連について研究をしています。子どもと養育者、どちらかに偏った支援ではなく、双方にとって意義のある支援を構築することを目的に、臨床と研究をつなぐべく、実践に取り組んでいます。

 

 

 

西川 里織

 

所属:福井大学子どものこころの発達研究センター 学術研究員

専門:認知発達心理学

 

 幼少期に受ける親からの養育が、その後の社会性にどのように影響するかを心理・生物学的に研究しています。近年、私たちの行動は生まれながらに持つ生物学的要因と、私たちを取り巻く環境とが相互に作用することで成り立っていると言われています。科学的エビデンスを社会に提供することで、子どもと養育者の支援に繋げることを目指しています。

 

 

科学技術振興機構/社会技術研究開発センター 安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築  領域公式HP http://ristex.jst.go.jp/pp/