RISTEX 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域 養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築 Research and Policy of Parental Support Systems to Prevent Child Maltreatment

 

グループD

児童虐待における法的・政策的課題の検討

 

 

 

 

 

 

 

グループリーダー

水野 紀子

 

所属:東北大学法学研究科 教授

専門:民法、家族法

http://www.law.tohoku.ac.jp/~parenoir/

 

 民法学の立場から、親権行使や児童虐待などの問題に取り組んでいます。日本の家族法は、西欧諸外国と比較すると、家族に公的介入をしないという特徴をもっており、大家族や地域社会という安全弁が失われて、家族が孤立している現代では、この特徴はとても危険な弱点になっています。とりわけ子どもにとって深刻なこの弱点をどのように克服していくのか、養育者支援という観点から研究しています。

 

 

 

久保野 恵美子

 

所属:東北大学大学院法学研究科 教授

専門:民法

 

 親子関係や個人と個人の間の親密な関係を権利義務としてどのように考えるのかという問題関心から、民法や児童福祉法などを研究しています。子どもの養育については、私人、行政、裁判所がどのように関与するかのバランスについて慎重に検討していきたいと考えています。

 

 

 

科学技術振興機構/社会技術研究開発センター 安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築  領域公式HP http://www.ristex.jp/pp/project/h27_1.html