RISTEX 「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域 養育者支援によって子どもの虐待を低減するシステムの構築 Research and Policy of Parental Support Systems to Prevent Child Maltreatment

●2017年度

 

2017/7/21

子どもの心の診療ネットワーク事業 中央拠点病院主催 研修会

脳科学からみた子どもの心へのアプローチ

グループBの友田明美が「脳科学からみた被虐待児へのアプローチ」について講演しました。

 

 

2017/4/8

公開シンポジウム 攻撃性の脳内基盤:基礎と臨床

グループAの黒田公美が発表、コーディネートしました。

 

 

 

●2016年度

 

 

2017/3/5

みたいエンパワメントカフェ実践編

根拠に基づくチームワーク 実践のコツとツボ

グループCの渡辺多恵子が講演しました。

 

 

2017/3/4

メンタルヘルスの集い(第31回日本精神保健会議)
子どもをめぐるみんなの課題〜虐待の連鎖を断ち切る〜

グループBの友田明美が講演しました。

 

 

2017/2/18

公益財団法人埼玉県社会福祉会 公開研修

子育てを脳科学する〜児童虐待、愛着関係について脳科学の立場から解説〜

グループAの黒田が講演しました。

 

2017/1/22

NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク第25回シンポジウム

メンタルヘルス問題のある親による子ども養育世帯への支援を考える

グループAの松宮が講演しました。

 

 

2017/1/17

平成28年度 子どもの虹情報研修センター 公開講座

子ども虐待と脳科学

グループBの友田が講演しました。

 

 

2017/1/7

公開シンポジウム 公私連携による養育者支援プログラムの活用

 

ご参加ありがとうございました。

*アンケートの集計結果は、こちらから

*養育者支援プログラムの紹介は、こちらから

 

 

2016/12/3

養育者プログラム連絡会

グループA、グループDの共同企画で、全国で活躍されている養育者プログラム実践者の先生方にお集まりいただき、意見交換を行いました。

 

 

2016/12/3

セレニティパークジャパン名古屋フォーラム トラウマ、依存症、そして回復

グループBの友田明美が「児童虐待による脳の傷と回復へのアプローチ講演します。

 

 

2016/11/25~26

日本子ども虐待防止学会 第22回学術集会おおさか大会

大会企画シンポジウムで、グループAの黒田公美「子ども虐待はなぜ起きるのかー行動神経科学から見た親支援の必要性」を発表しました。

 

 

2016/11/19

子ども虐待防止推進全国フォーラム in ふくい

第4分科会「虐待の子どもへの影響〜医療的観点から〜」で、パネリストの一人として、

グループBの友田明美が参加しました。

 

 

2016/9/3

福井大学公開講座

子育てと養育環境-次世代を担う子どもたちの健全な発達を支えるための子育て支援-

グループB、グループCのメンバーが以下の講演をしました。

基調講演

「周産期医療から見た児童虐待」 光田信明

講演

「保育専門職とのパートナーシップによる養育者支援」 渡邉多恵子

「福井県の子ども・子育て支援」 岩壁明美氏

「子育て支援の意義を確認する〜愛着障害の脳科学研究〜」友田明美

 

 

2016/6/6

「警察・検察、支援者と児童福祉連携による養育者支援 東京検討会」

 

 

2016/4/10

第1回 養育者支援A/D分科会

「警察・検察、精神保健福祉と児童福祉連携による養育者支援の可能性」

 

 

2016/3/14~2016/3/15

安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築研究開発領域 領域合宿

 

 

2016/2/21

安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築研究開発領域 公開フォーラム

「変容する社会と私の安全ー公との新しい”間”を考えようー」

 

 

 

●2015年度

 

2015/12/20

キックオフシンポジウム

 詳細はこちらからご覧ください(PDF)

 

 

 

科学技術振興機構/社会技術研究開発センター 安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築  領域公式HP http://www.ristex.jp/pp/project/h27_1.html